2018年2月

冷え性対策で薄毛を予防できる

ハゲにしても薄毛にしてもやっぱり原因としては血行が悪くなってしまうことだと思いますよ。血行って重要視されていないけど、実はものすごく大事なことで、ハゲや薄毛に深く関係しています。

ハゲたくなかったら血行をよくすることは大事ですよね・・・。もちろん薄毛だって髪が痩せてくる現象だってみんな同じことです。そうならないためには血行をよくすることが大事なんです。

私は冷え性体質です。冷えが髪に影響を与えそうだと感じるので、身体を温めることを冬になる前からはじめます。毎年のことですが夏が終わると急に涼しくなりますね・・・。だから夏物衣類は9月になったら早めに片付けて冬物衣類を出しておきます。

いつでも着られるように冬物衣類を出しておき、家の中で身体が冷えないようにしていますよ。もちろん9月はまだまだ気温が高いので日中は夏のような格好をすることもあります。しかし、夕方になると秋風が吹いて気温がグンと下がり少し肌寒く感じるもの。そうなる前に身体が冷えないような格好に着替えるのです。

たったこれだけのことでも冷えを防止することができるので頭皮まで温まるのが分かります。頭皮を触ってみて冷たいと感じたら危険だと思えばいいでしょう。頭皮があたたかくなるような格好をして過ごしているうちにあたたかくなるので、衣類での体温調節は欠かせません。

あたたかい格好をして温かいものを飲んでいれば血行が促進してハゲや薄毛予防になります。栄養が行き渡るイメージを持つことも大事なことですよ。ちゃんと髪まで栄養が行き渡っているイメージを持つと薄毛になりにくいです。

極めつけはお風呂で身体を温めること。入浴で温まると頭皮から汗が流れてきますね・・・。その状態を作るか作らないかでハゲ具合というか薄毛具合も変わってきますよ。衣類で体温調整して入浴で血行促進させれば育毛剤を使わなくても薄毛対策になります。ハゲの進行を抑えることもできるでしょう。

 

育毛をしたい人に伝えたい、その前にやるべきこと5つ

男性の多くが悩む代表的なことといえば「ハゲ」に関すること。その多くは遺伝によるものとされていますが、自分の努力次第でその遺伝の力に負けじと足掻くことはできるのです。

これは一体どういうことかと言うと、現代社会が招いていることもあり、実は生活習慣によってハゲるスピードを加速化させていると言っても過言ではありません。

たとえば、その例として挙げられるのがストレス、睡眠不足、たばこの吸い過ぎ、食生活の乱れ、髪への配慮の足りなさによるものなどがあります。これらはすべて自分の努力次第でなんとかなるものですよね。育毛剤を使う前にまずはできることからやってみましょう。

ストレスや睡眠不足の解消法は言うまでもなく、ここでは髪への配慮について言及したいと思います。頭皮を清潔に保つにはしっかりシャンプーでゴシゴシ洗うというイメージがありますが、あまり洗いすぎるとそれは逆効果になってしまいます。

皮膚の表面には皮膚常在菌がなくなってしまい、皮膚を丈夫に保持できなくなってしまうのです。すると毛穴の力も弱まり、髪が抜け落ちやすくなってしまうのです。なので、まずは髪の洗い方や使っているシャンプーを見直すことをおすすめします。

また、風呂上がりに髪の毛が濡れたまま寝てしまったり、帽子を被りっぱなしで蒸れた状態になっていると、それも頭皮には決してよくない環境ですので、極力髪の毛が心地よく皮膚にくっついていられる状態を作ってあげることがポイントです。

また育毛剤の併用も考えている方は、必ず半年近くは使って様子を見てみてください。すぐに状況がよくなることはありえませんので、根気づよく毎日継続して使うことが大切です。

そして上記のハゲの原因に掲げた5つの項目、どれもが大事ですので、ここではそのうちの1つしか挙げませんでしたが、その他の4つも同時に実践してみてください。

習慣化するまでは大変ですが、それらが当たり前になれば髪の環境も改善されることは間違いありません。